大学院の学費はいくら?

どうもフォレケンです。

お金の余裕がなくて大学院に行けないかも・・・

親にお金で迷惑かけたくない!

こんな悩みを解決していきます。

大学院に進学するかどうかは将来に大きく影響を与えます。
そのため、自分がやりたいことを軸に考えることが一番重要です。

それなのに

「大学院にいくなら学費は自分で払え」

と親からいわれて、金銭的な面で進路について悩んでいる学生は多い。

そこでこの記事では、大学院でかかる費用を説明したうえで、進学する前に知っておきたい知識から、費用を抑える方法までまとめて解説します。

この記事を読むと、学費のことでの心配事はなくなり、これから大学院進学に向けてどうすればよいかがすぐに分かります。

本記事の要約は以下の通り。

要約
  • 国立大学院の学費は2年間で約135万円
  • 私立大学院の学費は高く、学校によって違う
  • 奨学金・学費の制度を有効活用しよう
  • バイトができる研究室選びをしよう
  • 大学生のうちから貯金をしよう

大学院でかかる学費

国立大学院

国立大学院の学費は2年間で約135万円
ただし、法科大学院の場合、3年間で約270万円

学費の詳細は以下の表にまとめました。

入学金授業料
(施設費含む)
半年
総額
国立(理系・文系)28万200026万7900135万3600(2年間)
国立法科大学院28万200040万2000269万4000(3年間)
スマホの人はスクロール可能

国立では理系も文系もかかる費用は同じ。
ただし、法科大学院だけは授業料は高く、しかも年数が3年となるため注意が必要です。

「学費だけじゃなくて生活費と合わせた費用も知りたい!」

という人もいると思うので、後ほど説明します。

公立大学院

公立大学院の学費は2年間で約135万円

学費の詳細は以下の表にまとめました。

入学金授業料
(施設費含む)
半年
2年間
総額
公立約23万約28万約135万
スマホの人はスクロール可能

私立大学院

私立大学院の学費は2年間で
文系が150~180万円、理系が220~260万円

大学や学部によって学費が違います。

学費の詳細は以下の表にまとめました。

入学金授業料
(施設費含む)
半年
2年間
総額
私立(文系)20~30万30~50万150~180万
私立(理系)20~30万50~60万220~260万
スマホの人はスクロール可能
参考:平成30年度学生納付金等調査結果

私立の大学院は、実習・研究分野によって、学費が全く変わってくるのが特徴。
内部推薦で進学した場合、学費が半額になるところもあります。

そのため、表の数字は参考までにしておくことをオススメします。

もし、あなたが私立の大学院に行こうと考えているのなら、その大学院の学費をきちんと調べておきましょう。

大学院の入学金

国立大学院

入学金免除という制度があり、免除することも可能。

しかし、審査が厳しく授業料免除ほど簡単に免除はされません。
ほとんどの場合払うことになります。

公立大学院

  • 地域内だと約23万円
  • 地域外だと約36万円

地域内に入っているかどうかで、10万円違ってきます。

私立大学院

私立大学から内部進学で大学院に上がった場合、入学金を払わなくても良いところも多いです。

大学院と大学の学費の違い

大学と大学院を1年間の学費で比べてみます。

大学院と大学の半年間の授業料(施設費含む)を表にまとめました。

大学大学院
国立26万790026万7900
国立(法科大学院)26万790040万2000
公立約27万約27万
私立(文系)40~60万30~40万
私立(理系)55~85万50~60万
参考:平成30年度 私立大学入学者に係る初年度学生納付金平均額

表を見ると、国立の学費は大学も大学院も同じ。

私立は大学院の方が大学よりも学費は安くなることが分かります。
それでも国立よりは学費が高くなるので、金銭面で余裕がない人は国立大学院に外部進学するのも一つの手。

もしも、あなたが

「私立大学から国立大学院に行くか迷う・・・」

と思っているのなら、メリット・デメリットをきちんと知ってから決めるべき。
学費だけで大学院選びをすると後悔することになります。

詳しくは以下の記事を見てみてください。

大学院でかかる費用の総額

学費が分かったところで、生活費を合わせてどのくらい必要なのかを知らないと意味がありません。

生協が学生の生活費の統計情報を発表してくれています。

  • 実家ぐらしだと1ヶ月に5万円程度
  • 1人暮らしだと1ヶ月に11万円程度

2年間、大学院に行くために必要な費用は以下の通り。

実家暮らし一人暮らし
国立・公立255万円400万円
私立(文系)270~300万円415~445万円
私立(理系)340~380万円485~525万円

この表を見てこう思った人は多いでしょう。

「こんなにお金を払えない・・・」

と。

しかし、安心してください。
大学院で上手くお金をまかなっていく方法があるので説明していきます。

親の負担なしで生活することはできるのか

「大学院からは親に頼らずに生活したい」という大学生は結構多い。

実際のところ、親からの支援なしで生活していくことは可能。

そのためには大学生のうちから準備をしておくことが大切です。

  • 奨学金・学費の制度について知っておく
  • バイトができる研究室選び
  • 大学生のうちから貯金

これらは必ず大学生のうちから意識しておきましょう。

学費を安くするには

大学院に行こうと考えているけれど、金銭的に不安な人は

  • 日本学生支援機構の奨学金返還免除
  • 給付型奨学金
  • 授業料免除

この3つのことを知っておかないと損することになります。
具体的にどんなものなのかをこれから解説していきます。

日本学生支援機構の奨学金返還免除

これは絶対に入学する前に知っておいてほしい制度。

大学では奨学金を一度借りたら返さなくてはいけません。
しかし、大学院では成績が良ければ返さなくてよくなります。

「200万円を返さなくていい」

こんな夢のことが起こります。
結構な割合で返還免除になるので、必ず奨学金は借りておきましょう。

詳しくはこちらの記事で。

給付型奨学金が多くある

給付型奨学金とは、大学もしくは民間企業などからもらえる「返さなくてよい奨学金」のこと。

返さなくてよいのでメリットしかありません。

「金銭的に余裕がない・・・」

という学生は入学したら必ず申請するべき。

給付型奨学金は大学よりも大学院の方が多くある印象。
また、偏差値の高い大学ほど、様々な財団の奨学金があります。

国立大学院では授業料免除ができる

国立大学院にも大学と同じように授業料免除の制度があります。

「大学院の2年間、学費を一度も払わなかった」

という人は意外と多くいます。
合計100万円以上が免除されるのは、めちゃくちゃでかい。

この授業料免除になるかどうかは親の収入によるところが大きいです。
もしも、親からの仕送りがなくてあなた自身は貧乏でも、あなたの家庭が裕福だと授業料免除されることはないので注意が必要です。

バイトをする時間はあるのか?

実際のところ、バイトをする時間はあります。
しかし、大学よりはバイトをする時間が少ないです。

「研究が忙しすぎてバイトが全然できない・・・」

という大学院生も少なからずいます。
そうなるかどうかは研究室しだい。

もしも、あなたが金銭的に余裕がないなら、バイトが出来るような研究室を選ぶことが一番大切です。
めちゃくちゃ忙しい研究室に入ってしまうと、生活していけません。

「研究室の忙しさ」と「忙しい研究室の特徴」については以下の記事で詳しく解説しています。

大学院生はバイトでTAをする人も多い。

TAとは
ティーチング・アシスタントの略。大学で教授の手伝いをするバイト。することは授業の出席確認、テスト監督、実習の手伝いなど。

大学内でお金を稼げるのがメリット。
ただし、働ける時間が短いため、あまり稼げないというデメリットがあります。

バイトをする時間は無いけど、ちょっとお小遣いが欲しいという人にはオススメ。

お金を貯めたい人は節約しよう

今まで話してきた通り、大学院に進むためには多額の費用が掛かります。
そのためには少しづつ貯金をしていくことが必要。

簡単にできる節約の方法は

  • クレジットカードで買い物をする
  • 飲み会を控える
  • 自炊をする

この3つは簡単にお金の支出を減らせるし、効果も大きい。
是非やってみてください。

まとめ

本記事のまとめは以下の通り。

まとめ
  • 国立大学院の学費は2年間で約135万円
  • 私立大学院の学費はバラバラ
  • 奨学金・学費の制度を有効活用しよう
  • バイトができる研究室選びをしよう
  • 大学生のうちから貯金をしよう

お金がないからといって大学院に進学できないということはまずありません。

「進路は自分が将来やりたいことで決める」

これが私との約束です。

また、この記事でいくら大学院に行く気になったとしても、試験に落ちたら意味もありません。
そこで

「いつから勉強するのか」
「どのくらい勉強するのか」

気になった人も多いはず。
そんな人は以下の記事で院試勉強について詳しく解説しています。