大学生におすすめのクレジットカード|10枚の比較と選び方について解説

どうもフォレケンです。

  • クレジットカードって種類が多すぎて、どれが良いのか分からない…
  • クレカを選ぶときに、良いところだけじゃなく、劣ってるところも比較したい…

こんな悩みを解決します。

学生が作れるクレジットカードというのは、50種類以上ある。一つずつ特徴を確認しても選びきれません。

そこで本記事では、学生向けの「優秀なクレカ」10枚を厳選し、

  • クレカの選び方
  • クレカ10枚の比較
  • クレカのランキング

これらを解説していきます。

本記事では、カードのメリットもデメリットも解説しています。自分好みのクレカを選べること間違いなしです。

クレカを早く作りたい人はこちら
  • 三井住友デビュープラス
    学生人気No.1のカード。学生がクレカに求めている「お得さ・使いやすさ・安心感・将来性 」のすべてがそろっている。

大学生向けクレジットカードを選ぶポイント

クレジットカードは多くの項目があって、何を基準に選べば良いか分からなくなりがち。

  • 「どんな保険が付いているのか」
  • 「どの店舗でポイントがたまりやすいのか」
  • 「電子マネーは何が使えるのか」

このようなカードの特色は挙げだしたらキリがないし、そこまで重要ではないことも多い。

そこで、初めてクレカを選ぶときに意識してほしいポイントを紹介します。まずは以下の5つだけ意識して選ぶのです。

クレカを選ぶポイント
  • 年会費
    →学生は年会費無料のカードを選ぶのが基本 
  • ポイント還元率
    →利用金額の0.5%のポイントが貯まるクレカがほとんど。優秀なカードは1.0%以上。 
  • ステータス性
    →持っていることに価値があるか。審査が厳しいほどステータス性は高い。
  • 海外旅行サポート
    →海外に行った際の「保険」「サービス」が付いているか。 
  • 決済ブランド
    →いろんな場所でクレカが使えるか。「VISA」と「Mastercard」は世界中で使いやすい。「JCB」は日本でのみ使いやすい。その他のブランドは使いにくい。 

大学生向けクレジットカードの比較

500種類以上のクレジットカードの中から、大学生向けのものを厳選して選びました。今回選んだクレジットカードは、

  • 在学中の年会費無料
  • 盗難・不正利用の保証
  • 大学生でも審査に通る

この3つを満たしているので、どれを選んでも大きな失敗をするということはありません。

本記事ではこの比較をもとに、ランキング形式で大学生向けクレカを紹介していきます。

クレジットカードは使い分けるのが基本

クレジットカードは「複数」持つのが基本。

1枚ですべての機能を網羅している「完璧なカード」というのはないからです。それぞれの特徴を組み合わせて、弱点を組みあわせるイメージでカード選びをするのがベストです。

  • 特徴が違うクレカを選ぶ
    →メインカードとサブカードで使い分けるのが基本
  • 決済ブランドを違う種類にする
    →持っている決済ブランドが1種類だけだと、その決済ブランドが使えない店で困る

これらを意識するだけで、クレカの使いやすさが変わってくる。

例えば、コストコではMastercardしか使えません。もしもあなたが、コストコで爆買いしても、VISAやJCBのクレカしか持っていないなら、クレカ払いができないのです。

そこそこ使える1枚を持つよりも、2枚持ったほうが圧倒的に使える幅が広がる。

何枚ぐらい持つのが普通?
クレジットカード保有者1人当たりの平均保有枚数は「3.2枚」。
(JCBのクレジットカードに関する総合調査)

クレジットカードのおすすめの組み合わせ

私がおすすめしているのは以下の組み合わせ。役割を決めることで、クレジットカードの特性を最大限に引き出せるようにしています。

ただ、最初から3枚そろえる必要はありません。まずはメインカードだけでも全然いい。

  • メインカードで1枚
    「三井住友デビュープラス(VISA)」
    日常生活でポイントがたまりやすい。銀行系のカードなので安心感がある。VISAなので使える店が多い。
  • サブカードで1枚
    「楽天カード(JCB)」
    支払いにVISAが使えなかったとき用の1枚。楽天での決済に使う。
  • 海外用で1枚
    「学生専用ライフカード(Mastercard)」
    海外旅行傷害保険が付いてるから、旅行のとき安心。海外で使うので決済ブランドはVISAかMastercardにしたほうがいい。
注意
短期間に3枚以上のクレカの申請をすると、審査に落ちてしまうので注意。一度に申し込むのは2枚までにしておきましょう

1枚目におすすめのクレジットカード

はじめてクレジットカードをつくる大学生は、まず「メインカード」を作るべき。

メインカードは、バランスのとれたスペックの高いカードを選ぶのが基本です。選ぶときに特に注目してほしいポイントは以下の2つ。

  • お得なカード
    →年会費無料、還元率1.0%以上など
  • 安心感のあるカード
    →ステータス性、セキュリティ対策、利用者の多さなど

これらを意識しておけば、1枚目のクレカ選びで後悔することはありません。以下で、メインカードにふさわしいクレカを紹介します。

メインカードのランキング

1位三井住友デビュープラス
ステータスカードにランクアップするのが特徴。ポイント還元率やセキュリティ対策も完璧。
2位JCBカード W(JCBカード W plus L)
国内唯一のプロパーカード。総合力で言えば最高クラス。海外では少しだけ使いにくい。
3位JALカードnavi
マイルを貯めたいならこれ。60万円以上の買い物でマイルと航空券の交換ができる。
4位VIASOカード
貯まったポイントの自動キャッシュバックが魅力。公共料金をクレカ払いにするならあり。

1位:三井住友デビュープラス

三井住友デビュープラス

年会費

初年度:無料

2年目:前年1回以上の利用で無料

ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA
発行スピード

最短3営業日

良いところ

  • 超有名なブランド力
  • セキュリティも強くて安心
  • ゴールドカードへのランクアップ制度がある
  • 大手コンビニで還元率3.0%

悪いところ

  • 使わないと年会費が1250円+税かかる
  • 海外旅行保険がついていない

「三井住友デビュープラス」はお得でありながらステータス性も高い、王道のクレジットカード。

欠点はほとんどない

年に1回は使わないと年会費がかかるというデメリットがありますが、そもそも年に1回もクレカを使わないという人を私は見たことがない。通販・ネットサービスの登録で絶対に使う。

海外旅行保険が付いていないという欠点は、海外旅行に特化したクレカを使うことで補完できます。欠点はほとんどないと言っていいのです。

自動ランクアップ制度が魅力

例えば、高校までは服のブランドに興味がなかった人でも、大学生になった途端、有名ブランドに興味を持つようになる。これと同じように、20代後半になるとクレジットカードのステータス性を意識するようになります。

他の人のクレカのランクが気になる?
食事や買い物などの会計の場で、他の人のクレカのランクをチェックした経験がある人は82%。

また、ビジネスパーソンの 5 人に1 人は「ゴールドカード」ホルダーです。

ただ、いきなりゴールドカードを持とうと思っても、審査に通りにくい。それもそのはず、ステータス性(希少性)があるから。

将来性も考えて、格式の高いクレカを選ぶのが最善の選択なのです。

三井住友カード(学生用)との比較

・ポイント還元率:0.5%
・ランクアップ制度がない
・海外旅行保険が利用付帯

特に特徴のない平凡なカードだと思っていい。

2位:JCBカード W

JCBカード W

年会費

永年無料

ポイント還元率 1.0%
国際ブランド JCB
発行スピード 最短3営業日

海外旅行保険(利用付帯)

良いところ

  • 決済ブランド「JCB」が発行しているのでステータス性が高い
  • 還元率・保険・デザイン性すべてに強い
  • Amazonで還元率が2.0%
  • スタバで還元率が5.0%

悪いところ

  • JCBしか国際ブランドを選べないので海外では使いにくい

JCBカード W plus L(女性向け)

年会費

永年無料

ポイント還元率 1.0%
国際ブランド JCB
発行スピード 最短3営業日

海外旅行保険(利用付帯)

良いところ

  • JCBカードWの機能に加えて女性だけの機能が付いてくる
  • 「女性疾患保険」が付帯
  • 毎月プレゼントが当たる

悪いところ

  • JCBしか国際ブランドを選べないので海外では使いにくい

総合力ではピカイチなのが「JCBカード W」。

機能面は完璧で、それに加えてプロバーカード(決済ブランドが発行している正規のカード)なのでステータス性も高い。

「JCBカードW」を持っていることで、上位のJCBカードの審査をうけるときに有利に働きます。持っていて損はありません。

ただ、決済ブランドがJCBだけしか選べないので、海外では少し使いずらい。そのため、「三井住友デビュープラス」よりも評価が低い結果となりました。

3位:JALカードnavi

JALカードnavi

年会費

卒業まで無料

ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA Mastercard JCB
発行スピード 最短3日

海外旅行保険(自動付帯) 国内旅行保険(自動付帯) 

良いところ

  • 海外・国内旅行保険が自動付帯(持っているだけでOK)
  • 在学中はマイルの有効期限がない

悪いところ

  • 最低でも60万円分の買い物をしないと、マイルを航空券に交換できない

マイルを貯めてタダで飛行機に乗りたいなら「JALカードnavi」一択です。貯めたマイルを航空券に交換することができます。

JALカードが無料で使えるのは「学生だけ」の特典。普通は年会費2000円なので、社会人から羨ましがられているカードなのです。

どのくらいマイルを貯めれば航空券がタダになる?
東京⇔沖縄往復(4万7010円)の場合

・通常マイル:15,000マイル必要
・JALカードnavi会員:6,000マイル必要

「JALカードnavi」の還元率のすごさが分かりやすいように、他のクレカと比較をします。

  • 一般的な還元率1.0%のクレカ → 4万7010円分のポイントを貯めるのに470万円使う必要がある
  • JALカードnavi→ 4万7010円分の航空券を交換するのに60万円使う必要がある

とてもコスパが良い。これがJALカードnaviの人気の理由です。

ただ、大学期間に60万円使うのはハードルが高い。大学生が1ヶ月に使うクレカの金額なんて、せいぜい1万円程度ですから。

飛行機に安く乗りたいなら、ジェットスターの990円セールを狙ったほうが手っ取り早い。

4位:VIASOカード

VIASOカード

年会費

永年無料

ポイント還元率 0.5%
国際ブランド Mastercard
発行スピード 最短3営業日

海外旅行保険(利用付帯)

良いところ

  • 貯まったポイントが自動でキャッシュバックされるので楽
  • デザインが豊富

悪いところ

  • 1年間で1,000ポイント以上貯めないとポイントが無くなる
  • 還元率が普通

「VIASOカード」は、自動で貯まったポイントがキャッシュバックされる珍しいカードです。

多くの人は、クレカでポイントを貯めても、使うのが面倒になる。結局、使わずに有効期限(約2年)が過ぎてしまいます。

自動キャッシュバック機能は、想像以上に大きなメリットなのです。

ただ、学生にはあまりオススメはしていません。単純計算で年間20万円の利用をしないとポイントが消滅してしまうからです。

もし使うのなら、「携帯料金」をクレカ払いに設定するのがおすすめ。だいぶハードルが下がります。

2~3枚目におすすめのクレジットカード

1枚目には日常的によく使うメインカードを選びました。2~3枚目は限られた場面で使うサブカードを選ぶのが鉄則です。

  • 海外でのサービスが充実したカード
  • 自分が良く使うサービスのカード

このように2~3枚目には、何かに「特化した」クレカを選びましょう。以下で詳しく解説していきます。

海外旅行におすすめのクレジットカード

海外旅行用クレカを選ぶ際は、「海外専用のクレカを選ぶ。日本では使わない。」と割り切ることが鉄則。

先ほど「メインカード」として選んだカードは、日本国内でメリットが多い代わりに、海外でのメリットは少ない。反対に、海外でメリットが多いカードは、国内でのメリットが少ないのです。

選ぶ際のポイントも変わってきます。

海外旅行用のクレカで、特に見るべきポイントは「海外旅行保険」です。以下で詳しく解説します。

海外旅行保険の種類

  • 利用付帯
    →旅行の費用をクレカで払わなければ保険が利かない
  • 自動付帯
    →持っているだけでOK

つまり、自動付帯のクレカの方が優秀なのです。

補償額の比較

日本では健康保険制度があるので、病院のお金は非常に安いですが、海外はそうではありません。もし万が一のことが起こったら、莫大な医療費がかかることになりかねません。

補償額は多いに越したことはないのです。

そこで、自動付帯のクレカの補償額を比較します。

補償額で言えば、「セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード」がダントツで優秀。次に「学生専用ライフカード」です。

この結果をふまえ、海外旅行向けクレカのランキングを発表します。

海外旅行向けクレカのランキング

1位学生専用ライフカード
海外特化型のクレカ。海外旅行保険に加え、海外利用でお得なのが魅力。
2位セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード
海外旅行保険の補償額はゴールドカード級。決済ブランドが使いにくいのが欠点。
3位エポスカード
国内でも海外でもそこそこ使いやすい。これといった特徴はない。

1位:学生専用ライフカード

学生専用ライフカード

年会費

永年無料

ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA Mastercard JCB
発行スピード 最短3営業日

海外旅行保険(自動付帯)

良いところ

  • 海外旅行保険が自動付帯(持ってるだけでOK)
  • 海外でのカード利用の3%がキャッシュバックされる
  • 海外で困ったことがあれば電話や窓口で対応してくれる

悪いところ

  • 還元率が0.5%で普通
  • 日本で使うメリットは少ない

「学生専用ライフカード」は、海外旅行に重点をおいたクレジットカード。

このカードに付帯している海外特典は「学生のみ」に与えられたもの。社会人はこんなに充実したサポートを無料で受けることはできません。

学生が海外行くなら、このカード一択です。

決済ブランドにJCBを選ぶな
学生専用ライフカードの決済ブランドにJCBを選んではいけない。JCBは海外で使いにくいので、海外向けクレカとの相性はすこぶる悪いのです。

2位:セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

年会費

26歳まで無料

ポイント還元率 0.5%
国際ブランド AMEX
発行スピード 2週間程度

海外旅行保険(自動付帯) 国内旅行保険(利用付帯)

良いところ

  • 決済ブランドのアメックスが発行するステータスが高いカード
  • 海外旅行保険が自動付帯(持ってるだけでOK)
  • 海外旅行保険の金額がゴールドカード級
  • 海外での利用はポイント2倍
  • 海外からの帰国時、空港から自宅まで手荷物無料宅配
  • ポイントの有効期限は無期限

悪いところ

  • 決済ブランドがアメックスなので使いにくい
  • 還元率が0.5%で普通
  • 日本でのメリットは少ない

おしい。

海外旅行保険はゴールドカード級。その他、サービスもたくさんついてくる。無料なのにここまでしてくれるのはすごい。決済ブランドさえ使いやすかったら、絶対に1位です。

これ一枚で海外に行くのは厳しい。ただ、使わなくても持っているだけでメリットがあるので、海外旅行の「サブカード」として持っておくのがオススメです。

複数のクレカを持っているとき保険はどうなる?
  • 死亡・後遺症の補償額
    →最も補償額が高いカードの金額
  • 死亡・後遺症以外の補償額
    →クレカそれぞれの補償額の合計

補償額が増えるように、複数枚持っておくのは”アリ”です。

3位:エポスカード

エポスカード

年会費

永年無料

ポイント還元率 0.5%
国際ブランド VISA
発行スピード 即日

海外旅行保険(自動付帯)

良いところ

  • 海外旅行保険が自動付帯(持ってるだけでOK)
  • マルイの店舗ですぐにクレカを受け取れる
  • マルイなどで10%割引優待

悪いところ

  • 還元率が0.5%で普通
  • 特に欠点はないが、これといった長所もない

「エポスカード」は中途半端に機能的なカード。

国内ではそこそこお得。海外旅行保険は自動付帯。一見優秀なカードですが、突出した特徴がありません。

一枚で何でもこなせるカードですが、それよりもカードを使い分けたほうが上手くクレカを使いこなせます。わざわざエポスカードを選ぶ理由がないのです。

ポイントがたくさん貯まるクレジットカード

ポイントが貯まるクレカ選びの基本は、自分がよく使うサービスで選ぶこと。カード発行会社のサービスだと、ポイント還元率が跳ね上がることが多いからです。

加えて、

  • ポイントが貯まりやすさ
  • ポイントの使いやすさ

この2つを見極める必要があります。

ポイントを気にする人は「還元率」ばかりに目が行きがちですが、意外と大切なのが「ポイントの使いやすさ」です。せっかくポイントが貯まっても、使い道がないと意味がない。

ポイントが貯まるクレカのランキング

1位楽天カード
ポイントが貯めやすい。使いやすい。楽天ユーザーなら絶対に持つべき。
2位オリコカード ザ ポイント
ネットショッピングの還元率ではトップクラス。
3位ヤフーカード
楽天カードの下位互換。ソフトバンク・Yahoo!系列のユーザーならこれ。

1位:楽天カード

楽天カード

年会費

永年無料

ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA Mastercard JCB AMEX
発行スピード ~1週間

海外旅行保険(利用付帯)

良いところ

  • ポイントが貯まりやすい
  • ポイントが使いやすい
  • 楽天市場ならポイント3倍
  • 加盟店でポイントカードとしても使える

悪いところ

  • 有効期限が過ぎると失効してしまう「期間限定ポイント」に注意が必要
  • ポイントの有効期限が1年(普通のカードは2年程度)

「楽天カード」は、ポイント特化型のカードです。

楽天カードはポイントの貯まりやすさもトップクラスですが、何よりも魅力的なのが「ポイント使いやすさ」。ポイントカードとしても使えるからです。

ポイントが使えるのは、楽天のサービスの他に、ファーストフード店、居酒屋、コンビニ、ドラッグストア、家電量販店…。使い道に困ることはまずない。

2位:オリコカード ザ ポイント

オリコカード ザ ポイント

年会費

永年無料

ポイント還元率 1.0%
国際ブランド Mastercard JCB
発行スピード 最短8営業日

良いところ

  • ポイントサイト経由での通販サイトの還元率は最強。
  • 「Amazon」で還元率2.5%
  • 「楽天市場」で還元率2.5%
  • 「Yahoo!ショッピング」で還元率3.0%

悪いところ

  • ポイントの有効期限は1年(普通のカードは2年程度)
  • ショッピング保険や旅行保険がついていない

ネットショッピング全般の還元率でいえば、「オリコカード ザ ポイント」が最強。

「オリコモール」という専用ポイントサイトを経由するのが面倒だが、Amazon・楽天・Yahoo!ショッピングのすべてが高還元率なのは、このカードだけ。

貯めたポイントはAmazonギフト券」「iTunesギフトコード」に即時交換ができるので、ポイントの使い勝手も良い。

ただ、楽天カードの方がポイントの使い道が広いので、順位は2位となりました。

3位:ヤフーカード

ヤフーカード

年会費

永年無料

ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA Mastercard JCB
発行スピード 最短3日

良いところ

  • Yahoo!ショッピングやLOHACOで還元率3.0%
  • PayPayにクレジットチャージできる唯一のカード
  • Tカードとしても使える
  • ポイントが使いやすい

悪いところ

  • 100円以下の端数のポイントは切り捨て(例:190円でも1ポイント)

「ヤフーカード」は楽天カードの下位互換だと思っていい。

  • ポイントが貯まりやすさ
  • カードの基本機能

どれをとっても楽天カードに勝てません。

同じポイント還元率1%である楽天カードは、月の支払い額ごとにポイントが貯まるので、ポイントが無駄にならない。その一方、ヤフーカードは1回の支払い額ごと。ポイントが貯まるようで貯まらないのです。

ヤフーカードを使いこなせるのは、「ソフトバンク」や「ワイモバイル」の契約者だけだと思っていいです。

まとめ

本記事では、辛口評価をしたクレカもあります。

ただ、覚えておいてほしい。今回選んだカードは、100種類以上あるクレカの中から選びぬかれた「上位10位」のカードだということを。

他のクレカから見ると、どれも優秀なのです。クレカの一覧をもとに、自分に合った一枚を選べばいい。

どれにするか悩むのであれば、「三井住友デビュープラス」にしておけば間違いない。学生がクレカに求める

  • お得さ
  • 安心感
  • 将来性

このすべてが備わっているので、もっていて損はありません。

三井住友デビュープラス

年会費

初年度:無料

2年目:前年1回以上の利用で無料

ポイント還元率 1.0%
国際ブランド VISA
発行スピード

最短3営業日

良いところ

  • 超有名なブランド力
  • セキュリティも強くて安心
  • ゴールドカードへのランクアップ制度がある
  • 大手コンビニで還元率3.0%

悪いところ

  • 使わないと年会費が1250円+税かかる
  • 海外旅行保険がついていない