キャンパスライフを、より良いものに。

レポートで使える表現|言葉を言い換えてレポートらしい表現に仕上げる

このような疑問を解決します。

  • どんな表現をつかうか具体的に知りたい
  • 使ってはいけない言葉を知りたい

たしかに、レポートは感想文やエッセイと違って決まりごとが多いです。

決まりを守っていないと、評価が下がることもあります。それなのに、大学で書き方を教えてくれない。

そこで本記事では、レポートにふさわしい表現を紹介します。

結論

レポートにふさわしい表現を使えば、内容がイマイチでもそれなりの文章に見える。

もし「レポートの表現を知る前に、文末表現について知りたい」という方がいれば、こちらをどうぞ。

レポートの文末表現|「ですます」口調や「思う」を語尾で使わない

大学生が使いがちな間違った表現

大学生がレポートに書いてしまいがちな言葉を以下にまとめました。

あるあるなので、やってしまっていたという人は多いはず。もしやっていたという人はすぐにでも辞めたほうがいい。

単語の意味が分からなかったので調べてみたら、

「単語の意味が分からなかったので調べてみたら、~」

こんな文章を書く人の魂胆は見え見えです。目的は2つのどちらかでしょう。

  • 文字稼ぎ
  • 調べましたよアピール

どちらにせよ、評価は下がってしまいます。「~について調べてみた」と宣言するほどのことではないからです。レポートの流れを止めてまで、調べた報告をする必要はありません。

ここはさらっと述べるのが、ベストの選択です。

「〇〇の意味は~」
「ここで言う〇〇とは~」

このように言い換えればOKです。

~を学んだ。これからは~したい。

最後の文での決意表明。

これを書いしまうのは、しょうがない。小中高では前向きな感想を最後に書いておけばよかったんだから。しかし、レポートは感想文とは違います。

  • 感想文
    自分の思いや感情を伝える文章。自分を見つめなおし、人間的な成長をするのが目的。
  • レポート
    自分の感情や思いを排除した文章。客観的に論理的に分かりやすく説明や意見を書く。

レポートでは、簡潔に意見と根拠を伝える。それがすべてです。最後はあっさりと終わらせましょう。

単位をください。お願いします。

「単位をくださいと書かれたレポートを見ると、単位をあげたくなくなる」

と、ある教授が言ってました。よく考えてみれば当然のことです。「勉強しろと言われたから、やる気がなくなった」これと同じ心理が、教授の心にも働いているのです。

なにはともあれ、「単位をください」と書くのはムダなことです。単位を取りたければ真摯にレポートに向き合うしかありません。

なんでもかんでも漢字表記にする

やたら漢字表記にしたがる心理は、おそらくこうです。

  • おカタい文章を書かなくては
  • 漢字をつかうことで賢くみせたい

たしかに漢字はできるだけ使ったほうがいい。しかし、それはときとしてレポートを読みにくくしてしまいます。賢くみえても、読むのにストレスだったら意味がありません。

このような理由から、漢字を使わないことがあります。新聞や本では、以下の表現をすることが一般的になっています。

漢字での表記一般的な表記
正しい物正しいもの
間違える事間違えること
調べた時調べたとき
今の所今のところ
~の為に~のため
何故なぜ
従ってしたがって
~の様に~のよう
~することが出来る~することができ

レポートでよく使う表現

レポートでよく使う表現についてまとめました。

筆者が進行役をつとめる

「進行役」とは何か。

ここでは以下のような表現を「進行役」と呼んでいます。

・本レポートでは、〇〇について述べる。・・・

・最初に〇〇の問題について取り上げる。・・・

・次に〇〇の点について検討する。・・・

・図4に〇〇のデータを示す。・・・

先に何について話すか伝えておく。そうすることで、読み手に読む準備ができます。読む準備ができると、レポートが読みやすくなります。

ただし、頻繁に使うことはありません。いちいち宣言をされたら、わずらわしいですから。進行役の出番は、新たな論点・データを提示するときだけだと思っていいです。

接続詞の使って論理的に書く

他の文章に比べて、レポート(論文)では接続詞をかなり使います。

その根拠として『書きたいことがすらすら書ける!「接続詞」の上手な使い方』に書かれているデータを紹介します。

接続詞の使用率
  • 小説・エッセイ・コラム
    10文に1文の割合
  • 論文
    4文に1文の割合

このように論理的な文章を書くためには、接続詞が必要不可欠です。しかし、「接続詞をうまく使いこなせない」という人も多いはず。

そこで、接続詞をうまくつかったテクニックを伝授します。

接続詞をつかって、文章構成の組み立てをするのです。レポート用紙1枚程度の課題なら、すぐに書き上げることができます。

〇〇の問題についてまとめなさい

〇〇の問題点は3つある。

第一に、~が問題である。・・・

第二に、~が問題である。・・・

第三に、~が問題である。・・・

以上から、〇〇の問題には、~という共通点がある。・・・

〇〇について意見を述べなさい

~という背景がある。・・・
しかし、その背景には~という問題がある。・・・
そこで、本レポートでは~について述べる。・・・

〇〇に関して、「自分の主張」だと考える。
なぜなら、~だからだ。・・・
いっぽうで、「反対意見」という意見もある。・・・
たしかに、「反対意見」も一理ある。・・・
しかし、「反対意見」よりも「自分の意見」のほうが優れている。・・・
なぜなら、~だからだ。・・・

したがって、「自分の主張」だと考える。・・・

ただ、注意してほしいことがあります。接続詞は便利なアイテムですが、使いすぎはよくありません。

良くも悪くも、接続詞をつかえば、筋の通った文章にみせることができます。一見、つながった文章に見えていても、よく読んでみると筋の全く通ってない。なんてことになりかねません。

内容で論理をつなげてください。接続詞はその補助です。

引用元を書く

レポートでは、引用元を書くことが多い。

いわば「自分は他人の意見・データをコピペしてないよ」という証明です。書く際は、次のような表現をします。

〇〇によると、日本の人口は~人である。

この点については、〇〇が~と述べている。

〇〇によれば、~は~であるという。これは〇〇の~に関する見解と一致している。

このように「誰がこの意見を言っていたのか」「どこからこのデータを入手したのか」いちいち書かなくてはいけません。面倒です。

しかし、悪いことばかりではありません。引用をすれば、いいこともあります。というかむしろ、いいことのほうが多いです。

引用するメリット

  • 文字数を稼げる
  • 客観的な文章になる

引用できそうな箇所があったら、レポートに取り入れるのがおすすめです。

客観的に表現する

例えば、この文章をよんでどう感じますか。

日本の人口は多い。

もちろん韓国からすると、日本の人口は多い。合ってます。しかし、アメリカからすると日本の人口は少ないのでは?

つまり、この例文は、筆者の主観的な表現なのです。レポートにふさわしいとはいえません。

そこで、客観的な文章に言い換えます。効果的な方法は2つです。

客観的な文章にする方法

  • 数字を使う
  • 比較をする

この方法をつかって、先ほどの例文を言い換えてみます。

・総務省の統計データによると、日本の人口は1億2536万人である。

・韓国の人口に比べて日本の人口は多い。

どうでしょうか。誰が読んでも、受け取りかたは同じになるはずです。

客観的な文章に言い換える方法は、さまざまなところで応用できます。数字を使う。比較する。この2つはよく覚えておきましょう。

その他:よく使う表現

レポートでよく使う表現
〜を理解する必要がある。
~は、きわめて重要な問題である。
〜は、いまだに解明されていない。
一般に〜(だ)といわれている。
〜(というの)が通説である。
従来は・これまでは
〜は適切ではない。
〇〇の見解には再考の余地がある。
〜が多く存在する。
前述(上述)のとおり
周知のとおり
〜は今後の課題としたい。

一覧:レポートらしい言葉に言い換え

レポートにふさわしい文末表現をピックアップしてまとめました。

接続表現

口語表現レポートらしい表現
だけど・でもしかし・ところが
だからしたがって・そのため・それゆえ
~けど~だが
~ので~ため・~という理由から
~のに~にもかかわらず
~ていて~ており

副詞表現

口語表現レポートらしい表現
やっぱりやはり
全然全く
全部全て
一番最も
絶対に必ず
多分おそらく
とても・すごく非常に・大変・極めて
ちょっと少し
もっとさらに・より
だんだん次第に・徐々に
どんどん急速に・急激に
だいたい約・およそ・ほぼ
はっきり明確に・明瞭に
しっかり十分に

述語・文末表現

口語表現レポートらしい表現
です・ますだ・である
かもしれない可能性がある
したほうがいいすべきである・する必要がある
しなくてもいいする必要はない
たくさんある多く存在する
じゃない(か)ではない(か)
~と言う~と述べている
~と書いている~と述べている
できる可能である
分からない不明である
当たり前だ自明である・当然である
レポートの文末表現|「ですます」口調や「思う」を語尾で使わない

疑問詞

口語表現レポートらしい表現
どうして・なんでなぜ
どんなどのような
どっちどちら・いずれか

指示表現

口語表現レポートらしい表現
こっちこちら
こんなこのような

その他表現

口語表現レポートらしい表現
私は筆者は
このレポート本レポート・本稿
我が国では日本では

まとめ

とある教授が言っていました。

「最初の数行を読めば、よいレポートかどうかだいたい分かる」

と。それぐらい文章のイメージというのは大切です。内容に自信のない人は、文章表現だけでも意識してみてください。

結論

レポートにふさわしい表現を使えば、内容がイマイチでもそれなりの文章に見える。


もし「文末表現についても知りたい」という方がいれば、こちらをどうぞ。

レポートの文末表現|「ですます」口調や「思う」を語尾で使わない