レポートの書き方について学べる本【おすすめ】

レポートの一人称|自分のことを「私」と表現してよいのか

本記事では次のような悩みを解決します。

  • 一人称を使ってもいいのか
  • 一人称を避けるコツはあるのか

文章を書くといったら、「読書感想文」ぐらいしかやったことがない人も多い。そんな人達にいきなり、

「レポートと感想文は違うんだよ」

といっても、困惑するだけです。

そこで、本記事では一人称の使い方をわかりやすく解説します。加えて、「なぜ一人称を使ってはいけないのか」というところまで解説するので、レポートの本質を理解できるようになります。

結論

レポートでは一人称を言い換えて、できるだけ使わないようにする。レポートの種類によっては使うこともある。

一人称の基本的な知識

レポートの一人称について解説する前に、知っておいてほしいことがあります。それは次の2つです。

  • 文章の一人称は「私」にする
  • 一人称を使うと「主観的」な文章になる

詳しく解説していきます。

文章の一人称は「私」にする

レポートに限らず、基本的に文章を書くとき、一人称は「私」を使います。

男子は「私」を使うことに、少し抵抗があるかもしれません。しかし、男女問わず、以下のように言い換えるのが常識です。

「僕は~」「自分は~」
→「私は~」(筆者は~)

大人なら「私」を使うようにしましょう。

一人称を使うと「主観的」な文章になる

まずは、一人称を使った文章を見てみます。

「私は~をした。そして、私は~と思った」

この文章には、自分のことしか書かれていません。自分のやったことや意見を、みんなに押し付けている。そんなイメージがします。

このように一人称が多い文章は、主観的になってしまいます。そして主観的な文章には、以下のような特徴があります。

主観的な文章の特徴
  • みんなを説得するのが難しい
  • 賛同を得られる文章になりにくい

つまり「私は~」を多用すると、独りよがりな文章になってしまうのです。

レポートの一人称について

上では「私」について話しました。

ここでは「レポート内の主語」に焦点をあてていきます。基本的にどんなレポートでも、次の2つを気を付けてほしい。

  • レポートでは一人称をほとんど使わない
  • レポートでは主語を「論点」にする

詳しく解説します。

レポートでは一人称をほとんど使わない

レポートで一人称を使わない理由は2つあります。

  • 教授はレポートに客観性を求めているから
  • 登場人物が自分ひとりであるから

以下で詳しく話します。

教授はレポートに客観性を求めているから

主観的な文章。

それは大学の教授が毛嫌いする文章です。なぜなら、論文という「客観的な文章」を書くのが、教授の仕事だからです。だから、学生のレポートにも客観性を求めている教授が多い。

教授からの高い評価を得たいのなら、論文と同じような文章を目指せばいい。

論文では、一人称を使うことがほとんどない。それと同じように、レポートでも一人称を使わないようにしておけばいいのです。

登場人物が自分ひとりであるから

「私」を使うのは、文章の中に登場人物が複数いるとき。

レポートで書くのは「自分」の考えなので、レポートで登場するのは、自分一人だけです。だからわざわざ「私は~」という必要がありません。

レポートでは主語を「論点」にする

「私」を使うなと言われても、使いたくなってしまう。

という人もいるでしょう。そんな人は、「論点」を主語にすることを意識してみてください。

論点」を主語にするとは

たとえば「憲法9条の改正」についてのレポートを書くとき。

この場合、主語を
「憲法9条を改正するメリットは~」
「憲法9条を改正するデメリットは~」
「憲法9条を改正するためには~」
というようにします。

そうすると、「私は~」と使うことはありません。

つまりここで言いたいのは、

客観的な文章を書くときは、「自分の意見」をベースに書いてはいけない。「事実」をベースに意見を書く必要がある。

ということです。

一人称の使い方

どんなレポートでも、客観的な文章を書くことを私はおすすめしています。が、一様にレポートといっても、レポートの種類によって、求められる客観性のレベルが違ってくる。

そこで、レポートの種類別に、一人称の使い方を解説します。レポートを以下の5つに分けました。

  • 感想レポート
  • 意見を述べるレポート
  • まとめるレポート
  • 論証するレポート
  • 実験レポート

それぞれ解説します。

感想レポートの場合

「講義の感想を書きなさい」

このような課題の場合。

他のレポートに比べると、そこまで客観性は必要ありません。「私」を使ってもOKです。

ただ、「私は〇〇が不思議に感じた。そして、〇〇になることは面白いと私は思った」というような文章は幼稚に見える。

だから、結局「私」が主語の文章は避けることになります。さらに感想レポートの詳しい書き方を知りたい人は、こちらをどうぞ。

リアクションペーパーの書き方|評価される講義の感想を例を用いて解説

意見を述べるレポートの場合

「~について意見を述べよ」

という課題の場合。

あまり「私」を使うことはありません。自分の意見を述べるといっても、客観的な表現が求められているからです。

しかし例外的に、「私」を使うことがあります。それは、レポートのはじめに自分の主張をズバッと短く言うときです。次の文をみてください。

私は憲法9条の改正に賛成である。なぜなら~」
「憲法9条の改正に賛成である。なぜなら~」

「私」を省略すると、主語がなくなってしまうので、なんか違和感がある。こういう場合には、「私は」を使ったほうがいいでしょう。

まとめるレポートの場合

「授業の内容をまとめなさい」
「この本を要約しなさい」

という課題の場合。

「私」を使うことは、まずありません。なぜなら、まとめるタイプのレポートに自分の意見をいれてはいけないからです。書く内容は、客観的な事実だけ。

「私」と書いている時点で、それはもう客観的な事実ではありません。このタイプのレポートで「私は~と考える」と書くのは厳禁です。減点されることもあるので、注意してください。

論証するレポートの場合

「~について論じなさい」

という課題。これは論文と同じ形のレポートです。

この場合も、「私」を使うのは避けます。とはいえ、どうしても「私」を使いたくなる場面が出てきます。そういうときに「私」を使わないテクニックを、以下で紹介します。

レポートの進行役をするとき

次に、この問題について検討する

このように、レポートの最初に何を書くか、次に何を取り上げるか、といった順序を示すとき、主語は「私」になっています。このような場合は、「私」を省略すればOKです。

この他にも対処法があります。

本レポートは、〇〇を検討することを目的とする。

「本レポートは~」「本稿は~」を主語にすることで、「私」を避けることができます。

自分の見解を述べるとき

私は~と考える
→~と考えられる

自分の見解や批判を述べるとき、「私」を使ってしまいそうになる。このような場合は、「考えられる」と受け身にすることで、「私」を避けられます。

実験レポートの場合

実験レポートでは、「私」という言葉を一切使ってはいけません。

「私」という言葉を使っただけで、一気に客観性が失われた文章となってしまうからです。たとえば以下のように言い換えます。

目的

私の実験の目的は~である。
本実験の目的は~である。

実験方法

は~の実験をした。
本実験では、~をした。

実験結果

は~が変化したのを見た。
→~が変化した。

考察

実験の結果より、~と私は考える
→実験の結果より、~と考えられる

意識すべきことは、主語を「本実験」としたり、「実験対象」にしたりすることです。すると、「私」を使わないで表現することができ、客観的な文章ができあがります。

まとめ

本記事で言いたかったこと。

それは、「一人称を使うな」ということではない。「客観的な文章を書け」ということを伝えたかった。

「一人称を避ける」というのは、客観的な文章に必要な要素の一つに過ぎません。たとえ一人称を使わなかったとしても、文章が客観的でなかったら意味がないのです。

だから、客観的な文章の書き方がいまいちわかっていない人は、他にも勉強しなくてはなりません。本サイトでは、

  • どんなわかりやすい文章の書き方
  • レポートで使ってはいけない文末表現

などなど、客観的な文章表現について詳しく解説しているので、そちらをどうぞ。

結論

レポートでは一人称を言い換えて、できるだけ使わないようにする。レポートの種類によっては使うこともある。


レポートで使える表現|言葉を言い換えてレポートらしい表現に仕上げる 論文・レポートの書き方が学べる本|20冊以上の中からおすすめの本を順に紹介 レポートの文末表現|「ですます」口調や「思う」を語尾で使わない レポートらしい文章の書き方|客観的でわかりやすい文に仕上げるには