レポートの書き方について学べる本【おすすめ】

【大学】卒業単位は丁度で大丈夫?たくさんとるべき理由を解説

どうもフォレケンです。

単位を余分にとるべきか迷ってる…

余分にとったら、就活に有利になったりするのかな??

こんな悩みにこたえていきます。

実際に大学生の中には

「単位数を余分にとらなくて、後悔した…」

という人はとても多い。

そこで本記事では、単位数を余分にとるべき理由について解説していきます。

本記事を読むと、これからどんな計画を立てて単位をとっていくべきなのかが分かります。

本記事の要約は以下の通り。

要約
  • 単位は必ず余分に履修するべき
  • 単位を余分にとったとしても就活で有利になることは無い

卒業単位ぴったりで卒業して大丈夫か?

もし、卒業単位が124単位以上である場合、124単位ぴったし取れれば、卒業できるということです。

これを聞いて、

「なるべく授業受けたくないから、単位数が丁度になるように履修しよう」

と考えている人は危ない。

なぜなら、

  • 単位を丁度にとる
  • 単位が丁度になるように履修する

この2つは違うから。

124単位丁度で履修するのはとても危険。余裕をもって履修するのをオススメしています。

卒業単位が丁度で卒業する人はどんな人か?

卒業に必要な単位数をピッタリとって、卒業した人は以下の通り。

  • 学期で受けれる単位数に上限があって、余分に単位をいれる余裕がなかった人
  • 余分に履修はしていたけど、単位を落として結果的に丁度になった人

このように、卒業単位ぴったりで卒業していく人は「丁度にしか単位をとらざるを得なかった人」「余分に単位を取っていた人」の2パターンです。

そのため、現時点で卒業単位に達していない人は、単位数を余分にとるというのが一般的です。

卒業単位を丁度に履修するデメリット

落単に対する不安

単位数が丁度になるように履修すると、単位を落とした時の不安があります。

余分に単位を取るのは、単位を落とした時の不安を取り除くためです。

そう聞くと、こんな人もいるでしょう。

「落単の不安があるのって、4年後期に授業を受けるときだけじゃない?」

その通りです。
しかし、よく考えてください。

例えば、4年前期で、丁度に履修して単位を取り終えようとしている場合。もし単位を1つ落としてしまったら、4年後期に1つの授業を受けないといけません。しかし、4年後期で単位を落とすと、必ず留年になってしまうため、1つだけ授業をとるのは心配です。なので、4年後期に余分に授業をとることになります。

このように結局、余分に単位をとることになるのです。

4年後期で授業を取るよりも、4年前期までに単位を取ってしまったほうが精神的にも楽。もっと言うなら、1,2年生で単位をたくさんとっておいて3年生までに単位をとってしまうのがベスト。前もって余分にとっておきましょう。

単位数の数え間違いで留年

最も注意したいのが、単位数の数え間違いです。

「単位の数え間違えをしてなかったら、留年してなかったのに…」

そんな人はとても多い。

自分は進級もしくは卒業できると思っていたのに、できなかったときの絶望…かなりショックは大きい。そんな不安があるからこそ、ほとんどの大学生は余分に単位を取るのです。余分に単位を取っても何もデメリットはありませんから。

単位数を余分にとっても就活で有利になることはない

これまで、単位は余分にとるべきだと言ってきました。

しかし、単位数を多くとって、就活で有利になることはありません。

企業の人事担当は、大学での成績などを見ることはほとんどないのです。

それはなぜか?
理由は大学や学部によって、成績の基準が変わってくるから。

極端にいうと、東大で普通の成績を取っている人と、無名の私立大学でとても良い成績を取っている人があるとします。あなたはどちらを企業に入れたいと思いますか?

大半の人は、「東大の人をとりたい」と思うはずです。

そうなんです。結局、就職で有利になるのは大学名であって、成績は全くと言っていいほど評価されることはありません。大学によってレベル・カリキュラムも変わります。学部が違うと単位の取りやすさが全く違うし、成績の比べようがないんです。

したがって、大学で単位を多くとったとしても、就活にメリットなんてないのです。不安を取り除くために単位を余分にとるといっても、そんなにたくさんの単位を取る必要はありません。

まとめ:自分の成績表をきちんと確認するのが大事

「せっかく授業料を払っているんだから、たくさん授業を受けたい」
「せっかくの大学生活なんだから、授業はほどほどにしていっぱい遊びたい」

どちらも大学生として正しい考え方です。授業をどのくらい受けるのかは、自由ですから。

ただ、みんなに意識してほしいことがあります。それは、ちんと自分の持っている単位数を把握するということ。

そのうえで、就活や卒業に向けて単位数を調整していきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です