「入学料・授業料免除の申請理由」の書き方と16の例文の紹介

どうもフォレケンです。

免除申請理由は、入学料免除や授業料免除を申請するときに必ず書かなければなりません。

入学料免除や授業料免除が受かるか受からないかは、家計や学生生活に大きな影響を与えます。
授業料はとても負担が大きいですからね。

基本的に授業料免除になるためには、家庭の収入成績が一番重要で、授業料免除の申請理由は変なことを書かなければ大丈夫だとおもいます。
しかし、万全の状態で申請するにこしたことはないので、きちんとした文章を書いて提出しましょう!

授業料免除の申請理由の書き方が分からない!
敬語の使い方が分からない!
適当に書いて落とされるのも嫌だ!

こんな高校生、専門学生、大学生は多いと思います。
仕方ないですよね。
書類などは親に書いてもらってばかりで、こういう文章を初めて書く人も多いと思います。

ちなみに自分は大学時代、全部で8回、授業料免除の申請を書いてきました。

フォレケン
フォレケン

私は国立大学の大学院生です。

4年間ずっと授業料免除をとってきました。
私は大学の授業料を一回も払ったことがありません。
親にはとても感謝されましたね。

毎回書いていて思うんですが、授業料免除の申請理由って書くの面倒ですよね。
しかし、1回書いてしまえば、その次の学期はほとんど同じ内容で書けるので、そこまで大変ではありません。
なので、今回で完璧な文章を書いたほうが、あとあと楽になります。

それでは、高校生や専門学生、大学生に向けて、授業料免除の書き方と例文を解説していきたいと思います!
授業料免除の申請理由を書く際の手助けになればうれしいです。

授業料免除を書く上で注意すること

このような申請書類を書く際は、改まった文章を書かないといけません。
なぜなら、我々は学費を免除してもらう側だからです。
堅い表現を使った文章を書いたことないという方は、丁寧な表現に気を付けて書くことを意識しましょう!

例えば、

  • 「(免除申請をしている)学校」→「貴校」
  • 「~してもらう」→「~して頂く
  • 「~しています」→「~しております」
  • 「~します」→「~致します」
  • 「とても~」→「大変~」

などなど・・・

これは社会人としてのマナーなので、書きながら勉強していきましょう!

申請理由の構成

  1. なぜ、授業料免除を申請したのか(大まかに)
    →「金銭的な余裕がない」など
  2. 具体的に掘り下げていく
    →なぜ金銭的な余裕がないのかを述べる
  3. 学業に専念したいということを述べる
    →「バイトをすることができない」など
  4. もし、授業料免除されたらどうするのか
    →「学校で学んだことを活かして社会貢献していく」など

この4つを書いていくと、きちんとした文章がかけて、文量も稼げると思います。

入学料・授業料免除の例文の紹介

例文は皆さんが参考にしやすいように、わざとありきたりな文章にしています。
なので、文章をそのまま使わないで、自分に合った例をいくつか組み合わせたり、自分だけの状況を加えたりして修正してください。
自分流にアレンジして、申請理由を作り上げましょう!

入学料免除の場合、授業料の部分を変えて参考にしてください。

※授業料免除の成否に関して、当サイトは責任を負いかねますのでご了承ください。

  • オーソドックスな文章
  • 家庭の収入が少ない場合
  • 特に理由がない場合
  • 一人暮らしをしている場合
  • 勉強に専念したい場合
  • バイトをする時間がない場合
  • 遠くから学校に通っている場合
  • 実家が災害にあった場合
  • 母子家庭・父子家庭の場合
  • 家族の病気・介護・障害がある場合
  • 海外留学をしたい場合
  • 兄弟が私立の学校に通っている場合
  • 将来の夢を実現したい場合
  • 親が単身赴任している場合
  • 親が職を失った場合
  • 親が病気にかかった場合

一応、場合分けをしていますが、すべて簡単にアレンジできるような文章にしています。

私が授業料免除を申請した理由は、家庭の収入が十分ではないからです。収入が少ない家計状況の中、私は親元を離れて1人暮らしをしております。両親は私の学費、生活費等の工面に大変苦労しているようで、私は心苦しい思いをしております。また、私は研究や授業の復習に時間を費やしたいと考えており、アルバイトをする余裕がありません。もし、学費免除になりましたら、将来、貴校で学んだ知識や経験を活かし、その成果を社会に還元する所存ですので、授業料を免除して頂きますよう宜しくお願い致します。

私が授業料免除を申請した理由は家庭の収入が少ないからです。そんな厳しい家計を少しでも支えるために、アルバイトに励んでおります。しかし、家計を助ける一心でアルバイトをしてしまうと、大学生の本分である勉強との両立が大変難しくなります。働いている時間を勉学の時間にまわし、アルバイトと勉学の両立するためには学費免除が必要です。授業料免除になった暁には、貴校で学んだことを最大限に活かして、社会に貢献する所存ですので、是非とも学費免除をして頂きますようお願い致します。

私が授業料免除を申請した理由は、家計に余裕がないからです。私の家族は経済的な余裕がない中、私の将来に期待し、貴校に進学させてくれています。そんな家族の期待を裏切らないためにも、私は貴校で勉学に励みたいと考えております。そして優秀な人材として、社会に出て活躍し、家族に恩返しをしたいと考えております。そのためには学費免除が必要です。是非とも授業料免除をして頂きますようお願い致します。

私が奨学金を申請した理由は家庭の経済的な余裕がないためです。私の実家は〇〇のため、現在親元を離れて上京し1人暮らしをしております。現在、両親は少ない貯蓄から私の生活費として仕送りを送ってくれるので、私は大変心苦しい思いをしております。また、仕送りだけで学費と生活費を賄うことは困難です。学費免除にして頂けましたら、この御恩を社会に還元したいと考えておりますので、何卒宜しくお願い致します。

私が奨学金を申請した理由は学業に専念したいためです。私は将来、社会に出て活躍できる人材になるためにも、研究や授業の予習復習に積極的に取り組みたいと考えております。しかし、家計の状況は厳しく、生活費や学費、教材費を捻出するためにもアルバイトをせざるを得なくなっている状況です。そのため、授業料免除をして頂くことで、より一層勉学に励むことが出来ると考えております。学業に専念し、有意義な学生生活を送る為にも授業料免除をして頂きますようどうか宜しくお願い致します。

私が授業料免除を申請した理由は、アルバイトをする時間的な余裕がなく、経済的に苦しい状況にあるからです。私は将来の夢のために〇〇をしており、勉学との両立に日々努めております。厳しい家計状況の中、家族は私の目標を応援してくれており、その期待に何とか応えようと日々努力をしております。しかし、学費や教材費を工面することが難しい状況にあるため、授業料の免除を申請をする次第です。是非ともよろしくお願い致します。

私が授業料免除を申請する理由は家庭の経済的な余裕がないためです。私は現在〇〇の自宅から通っており、通学時間が片道〇時間かかってしまいます。そのため、アルバイトをする時間もあまりなく、親の経済的な負担を減らすことも不可能です。両親は私の学費や教材費、交通費等の工面に大変苦労しており、私は何とか家計の負担を軽減したいと考えております。そのため、学費免除を希望いたします。どうかよろしくお願いいたします。

私が授業料免除を申請した理由は、現在住んでいる家が〇〇地震の被害に遭ったからです。震災で家を失い、家族は途方に暮れています。そんな家庭の危機の中、私は家の手伝いなどで忙しい日々を送っております。そして、経済的に余裕がないのにも関わらずバイトもすることもできません。授業料免除をして頂きましたら、そのご恩を家族や社会に還元したいと考えております。どうか授業料免除をして頂きますようお願い申し上げます。

私が授業料免除を申請した理由は家庭の収入が少ないからです。私の両親は私がまだ幼いころに離婚しました。そして、母親はシングルマザーとして、女手一つで私を育ててきてくれました。母親は私のために毎日働いてくれておりますが、収入が少なく貯蓄もほとんどありません。そのため、学費や教材費を捻出するのが年々困難になってきました。私はこれまでアルバイトをしてきましたが、それでも現在の家計の状況では充足できません。どうか授業料免除をして頂きますよう宜しくお願い致します。

私が奨学金免除を申請した理由は、家庭の経済的な余裕がないからです。家族が病気にかかり、私の母親は仕事もできず、付きっ切りで身の回りの世話をしています。そして、父の収入から介護に関わる費用を賄っており、収入面だけでなく支出面においても両親は苦労しています。そんな大変な状況の中、両親は私のために学費や教材費の工面をしてくれておりますが、私はできるだけ金銭的な部分で親に負担をかけたくないと思っております。そのため、授業料免除を希望いたします。

私が授業料免除を申請した理由は、海外留学をしようと考えているためです。海外留学をするためには、多額のお金をためる必要がありますが、現在の状況では貯蓄額が少なく海外留学費用に充てることができません。留学をするために、できるだけバイトをしておりますが、英語の勉強も並行してしているため、限度があります。もし、学費免除になりましたら、貴校で学んだ知識と留学での経験を活かし、社会に貢献する所存ですので、授業料を免除して頂きますよう宜しくお願い致します。

私が授業料免除を申請する理由は家庭の経済的な余裕がないためです。私には他に2人の兄弟がおり、妹は高校生で、兄は私立の大学に一人暮らしをしながら通っております。両親は妹の学費と、兄の生活費や学費を賄うのに精いっぱいで、生活費を切り詰めてなんとか暮らしております。そのため、私はアルバイトをしておりますが、学業との両立もあるため私の学費をすべてアルバイトで賄うことはできません。両親にさらに負担をかけたくはないので、学費免除の申請を致しました。どうかよろしくお願い致します。

私が授業料免除を申請した理由は、将来の夢を叶えるためです。私は将来、エンジニアになりたいと考えており、ソフトウェアの開発をするのが目標です。その目標を達成するため、授業での勉強の他に、現在プログラミングの勉強に時間を注いでいでおります。しかし、アルバイトをする時間がないために、学費や教材費の捻出が困難な状況であります。将来、エンジニアになりましたら社会に役立つよう尽力致します。夢の実現を達成するためにも、授業料免除をして頂きますよう宜しくお願い致します。

私が授業料免除を申請した理由は、家庭の金銭的な余裕がないためです。私の父は単身赴任をしているため、生活費が二重にかかってしまっており、我が家の家計は圧迫された状況です。それに加えて、私の大学進学で学費や教材費等で支出がさらに増えるのは明白です。学業との両立もあるため、私がアルバイトで学費や教材費を賄うことも難しい状況です。授業料免除になりましたら、将来、貴校で学んだ知識を十分に発揮し社会貢献していく所存ですので、どうか宜しくお願い致します。

私が授業料免除を申請した理由は、家庭の収入が十分ではないからです。最近、父は職を失ってしまい、現在、今までに貯めてきた貯蓄を切り崩しながら生活をしております。そのため、私の進学や進級につれて、学費や教材費を工面するのが難しい状況になってきました。私の年間〇〇円の学費は家計の大きな負担となっており、両親に大変申し訳なさを感じております。是非とも授業料免除をして頂きますよう宜しくお願い致します。

私が授業料免除を申請した理由は、家庭の収入が不安定であるためです。私の父親は、先月にいきなり倒れ〇〇の病気で入院をしております。家計の収入は父親からがほとんどを占めていたため、現在ほとんど収入がない中で、医療費や入院費用を払っております。そして、父親の病気が完全に治るのか予測が不透明な状況であるため、厳しい家計状況になる可能性があります。万が一のことを踏まえ、家計の負担を減らすためにも授業料免除をして頂きますよう宜しくお願い致します。

申請理由を書いた後に必ずやるべきこと

これは私の経験なのですが、授業料免除を書いた後って謎の解放感で、せっかく書いた文章をメモに取らないで、そのまま出してしまいがちです。
しかし、おそらく半年後、また授業料免除の申請をする際に最初から文章を作らないといけないのは、とても面倒です。

だから、きちんとメモを取っておくということが重要なんですが、「また、このサイト見に来ればいいや」という方は、それでもかまいません。
私としては大歓迎です。

また、私も含め学生はお金がなくカツカツで生活している人がほとんどだと思います。
そんな私の経験を踏まえて、学生の皆さんが得をするような情報を公開していく予定なので、気軽に節約したいなという方は、ぜひ他の記事もご覧ください!

最後まで読んでくれて、ありがとうございました!